幼児教育は何歳から?

【目次】

幼児教育の重要性

幼児教育の重要性って?

幼児教育に関しては勘違いをしている人も多いので、ハッキリさせて置く必要があります。
なぜなら、夫婦で幼児教育に対する認識の違いがあると、教育方針にブレが生じてしまうからです。
幼児教育に関して、大人(親)の押し付けであり、子供が可哀想と思っている人も多く存在します。
ですが、本来の幼児教育とはそういうものではなく、あくまでもその子の適性を見極め、いい部分を伸ばし、穏やかで落ち着きのある性格を身につけるということなのです。
ですから、逆に、何らかの技能を身につけさせようという強要であってはなりません。
まず、その大前提を理解した上で、幼児教育に取り組むべきでしょう。
幼児期の子供は、周りの環境によって、その後の性格にまで大きな影響を与えられる事が知られています。
また、幼児の時期には、与えられたすべてを吸収する能力が備わっています。
なので、幼児の時期から様々な機会を与え、色々なことにふれさせる事はとても重要なのです。
ただ、何事も無理強いするのは子供にとってあまりよくないでしょう。
子供が自分から興味を示すように仕向け、遊びながら、楽しみながら身につけられるということが一番重要なのです。
幼児は知覚や聴覚が特に優れており、この時期だと英会話の発音やヒアリングも、大人よりもずっと簡単にマスターしてしまうものです。
さらに、この時期には、音感やリズム感、運動能力なども伸ばしやすいです。
どのような方面の能力を伸ばす場合でも、その子の適正に合わせれば、ますますその効果が高まるでしょう。

幼児教育は人格と知識の土台になる?

人間が生まれてから亡くなるまでの一生は常に勉強だと言われます。
確かにそれは正しいのですが、それだけだと全てを言い当てていないように思います。
というのは人生の各場面で勉強することが全く違うからです。
適切な時期に適切な勉強、これがかみあってこそ初めて勉強の効果が上がります。
さて、そんな人生の各場面における勉強の中で、一番最初に経験するのが幼児期の勉強です。
幼児期は自分で必要性を感じて何かを勉強するということはありませんから、その場合は親が教える、または教える機会を与えることになります。
これを教育と言い、幼児期の教育を幼児教育と言います。
すでに頭が固くなってしまっている大人と違って、幼児期の子供は頭が柔らかく何でも吸収する力を持っています。
「3つ子の魂百までも」とも言いますし、確かにこの時期に人格や知識の土台のようなものが形成されるのは何となく分かる気がします。
その「何となく」は科学的にも立証されており、人間の脳は生まれてから2歳までに6割が形成されると言われています。
6歳までとなると、なんと9割の脳がこの時期までに形成されるそうです。
ところで、脳には右脳と左脳があるのはよくご存知だと思います。
左右それぞれの脳はそれぞれの役割を持っており、右脳は五感と言われる直感的な能力、左脳は論理的な思考能力を司っており、それぞれの脳をうまく育てることによりそれぞれの能力が高まることが証明されています。
もちろんそれぞれの能力は一方だけが強化されてもそれは完全とは言えず、思うように伸ばすことが出来ません。
やはり何事もバランスが大切で、左右の脳をバランス良く育ててあげることが大切です。
幼児教育は発達段階にある幼児期に左右の脳をバランス良く発達させることに大変有効で、この時期の教育がうまくいくと将来にわたって大きな成果を上げるため、現在大きく注目されているのです。
教育という言葉は「教える」という漢字が含まれているので、何でも教えることだと思ってしまいがちですが、教育には自分で考える力を養うことも含まれています。
それは幼児教育になるとさらに顕著で、この時期に自分で考える力を養うことは大変有意義です。
幼児教育のたとえ話として時折用いられる話があります。
算数の掛け算は数字と数字を掛け合わせるものですが、幼児期の教育成果×その後の学習という数式で最大の効果を上げようとするなら、幼児期の教育効果を高めておくと同じ努力でもより高い効果が上げられるというわけです。

幼児教育とは子供に教えるだけではない?

幼児期の子供は可能性のかたまりです。
これからの人生をどう過ごしていくのか、この段階ならまだどうにでもなるのですから、無限の可能性を秘めていると言っても過言ではありません。
この時期を過ぎると、幼児期にどんなすごし方をしたかによって運命が分かれてくるようになります。
最近の子供は基本的な生活習慣や態度についての能力に欠けていると言われて久しいですが、これは幼児教育の失敗、もしくは不十分さによるものです。
学級崩壊やキレる子供という問題もこの延長線上にあると言っても良いでしょう。
それでは、この原因は何でしょうか。
色々な原因が指摘されていますが、やはり家庭内の教育能力が低下していることが一番に挙げられると思います。
少子化や核家族化は子供同士の横のつながりを持つ機会を減らすのと同時に、地域の子育て能力を低下させることにもつながります。
それまでほとんど親や家庭の中の人間関係しか知らなかった子供が就学年齢になっていきなり社会性を発揮するのは到底無理です。
何事にも練習は必要です。
それでは未就学期の教育機関として幼稚園や保育園はどうでしょうか。
確かにこれらの施設では他の子供と触れ合う機会もあるので幼児教育には有効だと思いますが、逆にこれらの施設に期待しすぎるところが最近は見受けられます。
子供の教育や学習については幼稚園に任せておけばいい、という考え方は全く間違いではないと思いますが、最も関わる時間の長い親からの教育が最も強い影響を及ぼすのは言うまでもありません。
また、「幼児教育」というと「幼児を教育する」という意味に捉えがちですが、子供だけを教育するのが幼児教育ではありません。
親は年齢こそ大人の年齢に達してしますが、子供を育てるということに関してはほとんどの人が素人であるはずです。
そういう意味では子育てに関しては子供と大差はないということです。
そんな人も子育てを経験することにより子供と一緒に親も成長するのです。
幼児教育という言葉にはそんな意味も込められているのです。
子供は成長するにしたがって次第に人格を形成し、仮に歪んだ部分があったとしてもそれを矯正するのは時間を追うごとに容易ではなくなります。
それを頭が柔らかい年齢のうちに良い方向に導いてあげること、それが幼児教育の目指すところです。
そうは言っても何をすれば良いのか、何から始めれば良いのか分からない…それは決して珍しいことでも恥ずかしいことでもありません。
ここではそんな幼児教育の重要なポイントを順にお話しいたします。

家庭内の幼児教育とは遊ぶこと?

幼児の教育において、最も多くの機会に恵まれているのは家庭であることは言うまでもありません。
幼児は生活の大半を家庭で過ごすのですからそれは当然です。
そんな家庭内で幼児教育に関して出来ることとはどんなことでしょうか。
子供の仕事は遊ぶことです。
遊ぶと言っても大人が飲みに行ったりパチンコをしに行ったりする遊びとは全く意味が違います。
子供は色々な遊びを通じて新しい能力を身に付けたり、物事を考える訓練をしています。
家庭内ではそんな子供の成長を支援するような手助けをしてあげることが第一です。
子供はおもちゃを使って遊びます。
昔と違って、今はおもちゃが何でも手に入る世の中です。
筆者が100円ショップに行った時におもちゃのコーナーを見て愕然としたことがあります。
筆者が子供の頃になかなか買ってもらえなかったようなおもちゃが100円で売られているのですから。
それだけおもちゃに溢れている現在の子供は幸せなように見えますが、逆に考えると何でもありすぎて自分で創造していくという機会が少なくなっているそうです。
例えば子供の大好きなキャラクターがあるとします。
昔はキャラクター物だからと言ってそんなにポンポン買ってはくれませんでしたから、足りないものは自分で補う必要がありました。
自分の持ち物にそのキャラクターを下手くそながら描いてみたりするわけです。
そんな機会を通じて絵を描く能力が発達しますし、その持ち物に対する愛着も強くなります。
それを最初からちゃんとキャラクターがプリントされたものを簡単に与えられた子供と比べたら、結果は分かりますね。
そのため、現在の幼児教育においてはおもちゃを与えるにしても親が良いものを選んであげるという作業が追加されます。
それでは良いおもちゃとはどんなものでしょうか。
基本的な考え方としては「子供に考えさせる、作らせる」というおもちゃが良いとされています。
逆に良くないものは先ほどのキャラクター物のように「全てが完成されていて遊ぶのが簡単すぎる」おもちゃです。
遊び方を自分で創造するのが良いのですから、おもちゃはあくまでもそんな創造力を手助けするだけのものが良いのです。
具体的にはパズルや積み木、ブロックなどです。
これらのおもちゃはよく知育玩具というカテゴリーで売られていますので、幼児教育の教材としても高い人気があります。
あくまでもおもちゃで遊ぶのが正しいのであって、おもちゃに遊ばれるようなことはないようにするのがポイントです。

幼児教材の選び方

幼児教材の種類ってどんなのがある?

学研の夢くらぶNetworkの特徴は、科学と学習で有名な学研が0歳から3才の乳幼児を対象に開発した幼児教材というところです。
0歳のきほんコースは18894円(税込み)で、その中から一部の教材を抜粋したとくべつコースが7980円(税込み)です。
1歳のきほんコースは23146円(税込み)で、とくべつコースが8243円(税込み)となり、2才のきほんコースが20937円(税込み)、とくべつコースが8379円(税込み)。
3歳のきほんコースが21252円(税込み)、とくべつコースが8925円(税込み)となっています。
教材は年齢別の総合ワークと絵本、英語の歌としかけ絵本、作業ワーク、英語付きの図鑑などで構成されており、全て一括で届けられるので、使いやすいでしょう。
幼児教材としては比較的価格が安いため、買いやすいかもしれません。
祖父母が孫にプレゼントするということもあるようです。
ただ、本当に必要最低限の教材という感じで、これさえ買っておけば安心というものではないですね。
DVDや電子玩具など、余計なものが付いていないのがいいという口コミもありますが、知育のためのおもちゃなどは別途購入する必要があるでしょう。
他の幼児教材と組み合わせて使ったり、3歳からはもっと教材の量が多い幼児教材に乗り換えるという使い方をされている親御さんも多いみたいです。
また、学研では、4歳、5歳、6歳用の教材としてPreマイティーという教材も販売しています。

自分の子にあった幼児教材の選び方って?

幼児教材のビッテ式家庭保育園の特徴は、知育系、英語系、情操系の全ての教材がセットになっているということです。
「胎教と乳幼児教育で天才児を創る」というキャッチコピーの通り、語彙が豊富になったり、計算ができたり、小学校受験で志望校に合格できたなどの口コミが多いです。
単なる幼児教材ではなく、子供の年齢に合わせた接し方などを詳しく教えてくれるため、問題行動が多かった子供の情操が落ち着いたという口コミもありますね。
ビッテ式家庭保育園は、第1教室から第6教室、それに、特別教室に分かれており、映像教材はありません。
アメリカの研究所と直接提携をしているドッツカードも特徴の一つでしょう。
価格はかなり高額ですが、その分、他のおもちゃを買う必要もなく、塾や教室に通わせる必要もなくなるので、結果的には安上がりだった、価格分の価値は充分にあったという口コミがほとんどです。
アフターフォロー、サポートがしっかりしているので、それらを最大限に利用して、ビッテ式家庭保育園の教材をフルに活用することで、子供の潜在能力を最大限に伸ばしてあげられるでしょう。
中には、教材の基本的なものは七田式と同じだし、そちらの方が安いので七田式の幼児教材を選ぶという方もいますし、正規の価格で購入すると高いので中古で買うという方も少なくないようです。
ただ、ビッテ式家庭保育園の場合、全ての教材による相乗効果が高いので、一部だけを購入するよりはやはり全ての教材を使う方が効果が期待できるはずです。
それに、中古で購入したけれど、サポートがあった方がよかったし、他の教材を追加購入したくなったから、正規のものを買えばよかったと後悔しているという口コミもあります。

幼児教材で自宅で学習?幼児教室に行く?

「ワールドワイドキッズ(Worldwide Kids English)」は、進研ゼミ、子供チャレンジで、お子さんを持つ親御さんならおそらく知らない人はいないくらい有名なベネッセ(Benesse)の幼児用英語教材です。
対象年齢は0歳から6歳までとなっており、最初に全ての教材を一括して受け取るか、一年間に亘って毎月少しずつ教材を受け取るかが選べます。
価格は一括払いで189000円(税込み)、毎月払いなら初回のみ17740円(税込み)で、残りの11回は16600円の合計200340円です。
途中退会も可能で、残金が返金されるそうですよ。
DVD、CD、CD−ROM、英語絵本、自動英語発音機の教材を使って、全部で6つのステージごとに段階分けして英語を学んでいき、最終的には英語で話しながら友達と遊ぶことができるレベルを目指します。
英語と触れ合えるワークショップなどのイベントもあるようですが、開催される地域が限定されているため、参加できないという声も多くきかれています。
ワールドワイドキッズの口コミとしては、修了後のアフターフォローがほとんどない、最初の頃のCDやDVDはよく使ったが、後半のものはあまり使わなかった、子供が飽きないので無理なく続けられる、親も子供と一緒に英語を学べるなどです。
教材の内容に関しては、高いだけあってしっかりしており、続けられるという子供が多いみたいですね。
ただ、内容が充実しているだけに、価格はけして安くはありません。
まずは、体験DVDや体験CDを申し込んでみて、子供の反応を確かめてみるのがいいでしょう。
体験会などのイベントも開催されています。

幼児の間に英語も習わせる?

モンテッソーリ式プルチノは、中央出版の知育系幼児教材で、0歳から8歳が対象年齢です。
イタリアの幼児教育者マリア・モンテッソーリの教育法に基づいているのが特徴といえるでしょう。
カラフルで種類が豊富な教具と呼ばれる玩具を使って、子供の生きる力を育むことを目的としています。
遊んでいるうちに文字や言葉、数や計算について学べる他、子供の創造性を育めるようです。
キャラクターなどは使用していませんが価格はかなり高額で、資料請求をするとしつこく勧誘されるという口コミもあります。
公式サイトなどでも価格を明記していないため、買いにくいと感じる親御さんも多いです。
参考価格としては、48万円から100万円くらいでセット内容にもよります。
高いだけあって教具の質はいいし、子供もよく遊んでいるので思い切って買ってよかったという口コミも少なくないです。
ただ、新品同様の状態でオークションなどで売っている方もいますから、合う合わないはあるでしょう。
ちなみに、開発したのは中央出版ですが、販売しているのはそのグループ会社で、訪問販売に対する悪い口コミも多いです。
高いものをすすめてくるとか、ローンの金利が高いなどですね。
それに、あくまでもモンテッソーリ教育をベースに日本人向けにアレンジした幼児教材であって、モンテッソーリ協会公認ではありません。
子供をモンテッソーリ教育で育てたいのであれば、協会公認の教具や教材を購入するようにした方が、結果的には安上がりで効果が高いかもしれないですよ。

幼児教育のスクール・教室

幼児教育のスクールや教室って?

自宅で出来る幼児教育は出来るだけ自宅で愛情を注いで行うべきですが、自宅では出来ない幼児教育もあります。
子供をさらに知性豊かに育てたい、お受験に挑戦したい、という願いがある場合は幼児教育を専門とする教育施設に任せるのも一考です。
これはもっと年齢の高い子供になると塾と呼ばれることになるのでしょうが、幼児の場合は幼児教育、幼児スクール、知能開発スクール…などと呼び方がバラバラです。
塾というとどうしても進学塾を連想しますので、「幼児の段階から塾なんて」と考える人は多いのですが、何もお受験を目指す子供だけが通うところではありません。
例えば最近流行のものでは音に合わせてダンスのような動きをすることによってリズム感や運動能力を養う体操として「リトミック」というものがあります。
これは幼児教室の中でも最近大いに注目されており、教室の数も増えています。
リトミックはリズム感を養うのと同時に、音に合わせて体を動かすことによって脳も活性化されて発達を促進する効果もあるそうで、そのことが現在の人気の理由となっています。
他にもお絵かきや音楽などに関係した教室もたくさんあります。
音楽に関係した教室で言えばピアノ教室などは昔から習い事の定番として人気がありますし、最近ではピアノだけでなくドラムやバイオリンと言ったちょっと変り種の楽器を使った幼児教室もたくさんあります。
体を動かす幼児教室もたくさんあります。
一番よく聞くのが水泳、その次に男の子なら最近はサッカー教室も人気があります。
幼児の段階でスポーツに慣れ親しんでおくことはその先の人生を豊かにすることにつながるので、子供本人が楽しんで続けられるようであれば積極的に体験させてあげるのは良いことだと思います。
少々話は生々しいですが、これらの幼児教室はお受験に対しても有効です。
なぜならお受験は読み書きのような学習だけでなく、運動能力や芸術的な素養も選考の対象となります。
実際に試験科目にそういったものが含まれているので、お受験対策としてこれらの幼児教室を利用している子供も実際にたくさん居ます。
さらに、国際化の時代を反映してか英語を教えてくれる幼児教育も大変人気があります。
これからの時代、英語力は当然ながら必要となるのは明白ですが、特に語学というのは幼児期のうちに学習すると、最も少ない労力で習得できるという特性があるので、余計に英語の幼児教室が多いのでしょう。

幼児教育のために教室に通わせる理由って?

幼児教育を家庭外で行う、つまり何らかの教室に通わせるということは、そもそも何を求めているのでしょうか。
分かりやすく言うと、子供を幼児教室に通わせている親にとって、幼児教室に求めるものとは何でしょうか。
幼児期に育てたい能力はその時点で完成された能力ではありません。
その後の発育をスムーズに進めるための基礎作りです。
幼児教育が他の教育と大きく異なるのはその点においてです。
逆に言うと、幼児教育で学ぶことというのは、その後の人生で学ぶチャンスはあまりありませんから、幼児教育がいかに重要かということになります。
家庭内にせよ、幼児教室にせよ、そこで養われる能力は大きく3つのカテゴリーに分類されます。
ひとつは「自立性・協調性・社会性」。
これらの能力は今後の人生において自分のことはキチンと自分で行い、社会の一員として生活が出来るようにする能力です。
最近問題になっているニートや引きこもり、その挙句の果てに凶悪犯罪を起こすような輩というのは、この部分の教育が欠けているせいだと言われています。
自分の身の回りのことを自分でやれること、他の子供と協力して物事に当たれることなどを幼児教室では色々な活動を通じて養います。
ふたつめに「丈夫な体づくり」。
これも健康な人生を送るには欠かせません。
人間の脳は幼児期でほとんどが完成されるとお話しましたが、体もそれと同じです。
その子供が健康で活動的な人間になるかどうかは幼児期の行動によるところが大きく、幼児教育が担っている役割は極めて大きいと言われています。
またスポーツに対する才能や素質があるかどうかもこの時期に見ることが出来るので、あらゆる経験をさせる意味でもこの時期に積極的に体を動かすトレーニングを行います。
そして最後に「感受性・芸術性・創造性」。
これらは幼児期が最も活発に吸収できる時期であるのと同時に、もっとも伸びしろの大きい部分です。
子供は柔軟な頭で物事を感じ、考え、そして行動します。
それは時には大人の想像を超えることもあり、子供の持つ可能性の大きさを感じさせられます。
豊かな情操を養うことにより物事への関心や好奇心が強くなり、その後に学んだことを吸収しやすくなります。
つまり、勉強の好きな子供になります。
幼児教育の段階ではあまり細かいことにとらわれずに、子供が自分で感じたことや行動したことを褒めて評価し、伸ばしてあげましょう。
子供はそれに呼応するように、どんどん能力を伸ばしていくことでしょう。

幼児の英語・英会話

英語の幼児教育は重要?

幼児教育と英語は古くから深い関係があります。
深い関係、というのは昔から幼児期に英語を習わせようという人が非常に多かったからです。
日本は世界でも有数の英語教育国です。
中学校から義務教育で英語を習いますし、高校ではかなり高度な英語を習います。
街を歩いてみても英語の看板は至るところにあります。
英語圏の外国人が日本にやって来ると、この風景を見て日本人は英語が堪能だと思って普通に英語を使おうとすると、意外に通じないことに驚きます。
確かにこれだけ英語に触れる機会が多いのに英語が通じない不思議な国、それが日本です。
よく受験英語の弊害が指摘されます。
受験の科目に英語があるせいで、些細な間違いを指摘される癖がついてしまい、正しい英語を使わなければならないという意識が強すぎるというものです。
筆者も受験英語をみっちりと叩き込まれましたが、受験英語は実際の英語力に役立っていると思います。
さて、語学を堪能にするには早ければ早いほど効果的だと言われています。
人間は生まれてから耳で聞いた言葉をどんどん吸収して話すようになります。
世界でも難解なことで有名な日本語は、勉強している外国人にとっては非常に習得が困難な言語だそうです。
ですが日本人の子供はそれを難なく話しています。
これは子供の頃から日本語に慣れ親しんでいるからです。
それと同じことを英語で行えば英語に慣れ親しんだ子供となり、英語を自然に身に付けられるようになります。
幼児教育で英語を学ぶことが有効なのは分かりました。
子供のうちに慣れ親しんでおくのはいいとして、そのタイムリミットというのはあるのでしょうか。
「子供のうちに」というだけでは曖昧ですが…。
言語学には「9歳のかべ」という言葉があります。
これはつまり9歳までに慣れ親しんだ言葉は堪能に使えるようになりますが、9歳を超えるとなかなか身に付ける労力が増すばかりか、ネイティブの発音は困難になるといわれています。
英語の幼児教育はまさにこの9歳のかべを越える前に英語に慣れ親しんでおこうということで、理論的にも整合性があります。
実際のところはどうなのかと言いますと、英語の幼児教育は英語の単語や文法を教えることよりも日本語にはない英語独特の発音に慣れるために英語の歌を歌ったり、クイズを楽しんだりする形式が多く、英語力をつけるというよりは「英語力がつきやすくする土台を作る」ように見えました。
日本ではネイティブの英語に触れる機会が少ないので、こういう時間は有意義だと思います。

幼児の時期から英会話を習わせる?

幼児教育に対する意識が高まってからずいぶん経ちますが、その中でも一番幼児教育・早期教育のメリットがあるといわれているのが英会話ではないでしょうか。
人間の脳は生後3年までが一番吸収力が高く、その時期に覚えた事は一生忘れないともいわれ、それは大昔から日本にある「三つ子の魂百までも」という諺でも表現されているほど世間にはよく知られていることです。
実際、この諺は科学的にも証明されており、特に言語をつかさどる分野は、3歳までならほとんど無理なく身につける事ができるといわれているのです。
それは、赤ん坊が生後10ヶ月程度から自然と言葉を覚えていく事でもわかります。
逆に、大人になってからだと、発音や聞き取りをマスターするのが極端に難しくなってしまいますね。
年齢が進むほど、その難易度は上がっていく傾向があります。
ですから、本来、他言語はできるだけ早い時期から覚える方がいいと考えられているのです。
英会話の必要性が高まる昨今でも、国内では英語の授業は中学から始まるため、苦手意識を持っている人が多いのが現状ですね。
だからこそ、自分の子供には苦労をさせたくないと考える親御さんが多いです。
実際、3歳くらいまでに始める事で、ほとんど完璧にバイリンガルになれるとも言われています。
ただ、ずっと継続していないと忘れてしまうので、せっかく早くから始めたのであれば、続ける事もとても大切です。

幼児教育と受験

幼稚園や保育園の幼児教育って?

幼児が通うところとして主なものに幼稚園と保育園があります。
この両者は同じような年代の子供が通うので似たようなものと認識されていますが、この両者は大きくその性質が違うということをご存知でしょうか。
まず、幼稚園は大学まで続く教育機関のひとつとして取り扱われていますので、学校の一種ということになります。
所管は文部科学省ですし、学校教育法という法律が根拠となっています。
それに対し、保育園は学校ではありません。
親の何らかの事情があり家で子育てが出来ない場合に、親が仕事などから戻るまで子供を預かって面倒を見てくれるところです。
つまり託児所です。
所管も厚生労働省ですし、学校として取り扱われている幼稚園に対して保育園は児童福祉施設です。
まさに似て非なるもの、とはこのことです。
設置の目的が違うので、当然両者は園においてもやっていることはかなり違います。
どちらが良いということではありませんが、積極的な幼児教育を望むのであれば教育機関である幼稚園に軍配が上がります。
但し幼稚園は学校のひとつなので子供を預けるところではありません。
あくまでも幼児教育を最優先としてスケジュールが決められるので親の都合は考慮されません。
それに対して保育園は親が面倒を見れない時間を親に代わって子供の面倒を見てくれるということで、親の都合に合わせてくれる部分も大いにありますからフレキシブルです。
子供を幼稚園に通わせている人は、保育園は学校ではないので幼児教育とは無縁…と思っています。
確かに学校ではないのですからそれは当然なのですが、最近では少子化の影響もあって幼稚園、保育園ともに園児獲得の競争が激化しています。
競争が起きるとサービスの向上が図られるのは当然のことで、最近では保育園も単に子供を預かるだけではなく、子供を預かっている時間に英語教育をしたり情操教育を行ったりしてくれます。
幼稚園=学校、保育園=託児所というシンプルな図式でもなくなってきているわけです。
中には幼稚園に通わせながら、幼稚園が終わった時間に幼稚園まで迎えに行ってくれて、その後指定の時間まで預かってくれるというサービスを行っているところもあります。
これだと幼稚園と保育園の両方を体験したいという欲張りな願いも実現出来ます。
保育園もここまで来たかと思わせるようなサービスの充実ぶりですが、これらをうまく活用して幼児教育に役立てるのが現代流なのかも知れませんね。

幼児教育するのはお受験のため?

幼児教育の事実上の目標であるお受験。
世の中は少子高齢化しているにもかかわらず、お受験産業は右肩上がりの成長を続けています。
それだけ過熱しているお受験の実際を、つい最近お受験を体験した筆者がお話したいと思います。
筆者は大阪に在住していますが、大阪市内でも有数の文教地区と呼ばれるところに住んでいます。
理由はやはり子供を育てられる街に住みたいということなので、筆者も教育熱心な親に分類されると思います。
文教地区に住むことを目的として引っ越して来た人も多いので、全体的に教育熱心な人が多いのが特徴です。
この地区ではお受験はほぼ当たり前のように行われており、有名私立小学校や国立小学校への入学希望者が非常にたくさん居ます。
どんな人種なのかと言いますと半数近くは医師の家庭です。
やはり医師になるにはかなり勉強しなければならないようで、しかもどの大学の医学部を卒業したかによって生涯の出世が決まる世界なので小学校受験の段階から受験戦争が始まります。
お受験のためには幼児教育が欠かせないということで、幼児教育を行っている幼稚園や塾、教室などがたくさんあり、独特の風景を醸し出しています。
一番熱心な人になると1歳の頃からお受験対策は始まります。
まだまだ遊びながら知能を開発するという趣旨の教室ばかりですが、教室に入る申込書には志望校(もちろん小学校です)を記入する欄があると聞いた時には驚きました。
この地区には幼児が多いこともあって、少子化時代にもかかわらずたくさんの幼稚園があります。
しかもそれらの幼稚園はお受験を意識しており、幼稚園の授業が受験対策を兼ねています。
幼稚園もうまくカリキュラムを組んで子供が楽しめるようにしているので、当の子供たちは楽しそうにしていますが。
幼稚園の学年が年中クラスの時までは具体的にお受験の試験日があるわけではないのでまだ実感が薄い人も多く(筆者もそうでした)、それほどお受験を身近に感じることはないのですが、年長クラスとなりいよいよお受験の学年になると雰囲気は一変します。
「誰がどの小学校を受けるのか」という噂で持ちきりになり、その噂の中に成績優秀な子供の名前があると合格者の枠が減るということで志望校を変更する人も現れます。
いざ試験日になると幼稚園を休まざるを得ませんから、誰がどの小学校を受験しているのかがおおよそ分かります。
それによってまた憶測が流れる…まさに狂想曲という言葉がピッタリの笑えないコメディでした。
当の子供たちはそんな大人たちの熱い戦いに気づいているのかいないのか…知らないほうがいいかも知れませんね。

幼児教育と小学校受験の関係

幼児教育の最終的な目標は豊かな情操や思考能力を養うことにより、立派な大人になって欲しいと願うことです。
これに関しては古来から何も変わりませんし、現在でも全ての親に共通することだと思います。
ただ、最近は都市部を中心に、幼児教育の延長線上にある目標を持つ人が増えています。
少し以前からよく話題にもなっており、テレビドラマにもなりましたのでご存知の方も多いと思います。
そうです、小学校受験、通称「お受験」です。
受験というと高校や大学というイメージしかない筆者の世代から見れば、世の中もここまで来たかと思わされますが、中学校受験が当たり前になったら、次は小学校という流れは避けようがないのでしょう。
また、筆者の個人的な意見としてはお受験というのは決して間違ったものでもないと思います。
お受験に挑戦する年齢の子供たちにとって、まだ受験が何であるのか、何のためにあるのかということをしっかりと考えることは少ないでしょう。
親がそれを目指しているために、言われるがままにやっているというのが現実だと思います。
それでは、親がお受験を目指すのは何のためでしょうか。
小学校は義務教育ですから、特に受験をしなくても居住している地域の公立小学校への入学資格があります。
日本は先進国ですから、こうしたシステムがきちんと確立しています。
にもかかわらず遠方にある私立や国立の小学校を目指すというのは明確な目的があるはずです。
その目的とは実に色々です。
「いい小学校に入れていい中学校、高校、そして大学に入れたい」…これが最も多いでしょう。
そして次に多いのが「小学校のうちから良い教育を受けさせて知性豊かな子にしたい」…これは非常に的を得ています。
子供の頭が柔らかく可能性も広いうちに高いお金を支払ってでも良い教育を受けさせたい、という願いは現在の公立学校が抱える問題を考えると理解出来ます。
筆者も自分の子供にこのお受験を経験しました。
最初は特に関心が無かったのですが、居住している地域がいわゆる文教地区と呼ばれる地域で、周囲に教育熱心な人が多くその雰囲気に流されたというのが正直なところです。
ですが実際に体験してみて、子供に何か目標を持たせて、親が一緒になってその目標に向かって努力するというのは悪くないと思いました。
また、お受験という“不純な動機”ではありますが、子供が受験対策を通してたくさんの知識や学習法を吸収したのは事実です。
勉強好きになったのも事実なので、たとえお受験に失敗したとしても何らかの形で将来の役に立つとは思います。

やっぱり幼児教育の目的は小学校受験?

現在幼児教育や知能開発などを行っている幼児教室の大半が目標としているところはひとつです。
それは小学校受験、いわゆるお受験です。
名目上は子供の創造性や情操を育む…などと宣伝されてはいますが、それらの能力は全て小学校受験で選考の対象になるものばかりです。
最初はそんな目的を持っていなかった人でも、幼児教育を受けさせる過程でお受験の存在を深く知り、次第に目指すようになります。
まさにお受験にはそれだけの魔力のようなものがあります。
現在の状況は若干過熱気味の感もありますが、これだけたくさんの人がお受験に奔走する理由はなんでしょうか。
まず、学級崩壊やいじめの問題など、公立の小学校に対する不信感が強くなっていることが考えられます。
公立小学校はその校区内に住んでいれば誰でも入学できるのですから、当然問題のある児童も入学してくることが考えられます。
そんな子と一緒に学ばせたくない、という親の気持ちは分からなくもありません。
国立や私立の小学校は受験までして入学してくる子供ばかりなので学習意欲も高く、親の教育意識も高い人が集まることから、教育環境が良いというのが魅力になっています。
次に、これも先ほどの公立小学校に対する不信にも通じるのですが、ここ最近続いてきた「ゆとり教育」の弊害が考えられます。
偏差値重視の詰め込み教育を改めることを目的としたゆとり教育でしたが、これが逆に学習内容を幼稚化させて学力低下や学校が荒廃する原因になったと言われています。
私立小学校はゆとり教育制度下でもしっかりと教育が行われていることが人気の理由となっています。
私立の小学校の中には有名大学の附属小学校となっているところもあります。
中で真面目にやっていれば大学まで苦労なく進学できるところも多いので、小学校受験だけで受験を終わらせてしまって、後は楽をさせてあげたいという希望を持った人も多く居ます。
これらの魅力を考えると、幼児を持つ親がお受験に血眼になっているのもうなずけます。
教育格差が広がっている現在、どの小学校に入るかという時点で大学受験までの勝負が決するとも言われており、幼児教育=お受験対策となってしまっている現状は当分変わりそうにありません。
他の受験と違って、お受験だけは学力のみの選考ではなく子供を総合的に評価する傾向があります。
そう言った意味では幼児教育はこれをやっておけばOK、というものがないのです。
色々なことを総合的に経験させて、考える力を養うというのは実に漠然としていますから、それゆえに過熱してしまうのでしょう。

幼児教材の特徴・口コミ

【幼児教材】ビッテ式家庭保育園の特徴、口コミ

七田式はっぴぃタイムの特徴、口コミをご紹介していきます。
七田式はっぴぃタイムは、右脳教育の第一人者として有名な七田眞先生が、(株)主婦の友ダイレクトと開発した知育教材です。
2歳から4歳までが対象で、4歳から6歳までが対象のもっとはっぴぃタイムもあります。
この教材のセット内容は、DVD、ワークブック、絵本、情報誌となっていて、一括払いなら45045円(税込み)、分割払いなら月々4095円(税込)です。
右脳教室に通わせたいけど近くに教室がない、自宅で子供の右脳開発をしたいという親御さんに人気のようですね。
一年間、毎月DVDとワークブック二冊、オリジナル絵本が届けられ、修了するとメダルがもらえます。
このメダルがほしくてがんばっている子供も多いのだとか。
子供に一日一回DVDをみせるだけで、語彙が増えた、漢字を覚えた、子供が夢中になっている、足し算をマスターした、国旗を覚えたなどの口コミをよくききます。
ワークブックも嫌がらずに楽しんでできている、好きな絵本を選ばせると七田式はっぴぃタイムの絵本を持ってくるという口コミもあります。
中には、子供がDVDを何度も観たがるので、一日一回に決めているという口コミもありました。
子供にとっては勉強していると意識することもなく、子供の能力を伸ばしてあげられるという点が好評です。
ただ、資料請求をしてもサンプルDVDがついてくるわけではありませんから、公式サイトのサンプル映像を参考にするしかないでしょう。

【幼児教材】モンテッソーリ式プルチノの特徴、口コミ

「アンパンマンとはじめよう!」シリーズは小学館の他、絵本の出版元であるフレーベル館やアニメの制作会社であるトムス・エンタテインメントなどが参加している幼児教材です。
アンパンマンの作者であるやなせたかし先生が「アンパンマンとはじめよう!」シリーズの総監修を行っています。
子供が大好きなキャラクターであるアンパンマンと一緒に、楽しみながら勉強したり、マナーを学んだりできるのが最大の特徴です。
親のいうことをきかなかった子でも、アンパンマンのDVDをみるだけで、「こんにちは」や「いただきます」がきちんといえるようになった、お風呂に肩まで浸かるようになったなど、絶大な効果があると評判です。
DVD教材の種類が豊富ですが、塗り絵やはさみを使ったワークブック、文字や色、形を学べるカードなど、用途に合わせて購入できます。
それに、一つ一つの単価も1000円から3000円くらいと安いので、買いやすいでしょう。
子供を飽きさせない、子供を夢中にさせるという点では、これ以上の幼児教材はないといえるかもしれません。
ただ、トイレトレーニングに関するもっと詳しいDVDがほしいという要望が多いみたいですね。
工作・おえかき編、お歌と手あそび編、ひらがな編、色・数・形編、英語編、生活編、お食事編など、様々なテーマについて学べるDVDが製作されています。
どのDVDの口コミもかなり高いのですが、お子さんの年齢などに合わせて購入するDVDを検討した方がより効果が得られるでしょう。

【幼児教材】ワールドワイドキッズの特徴、口コミ

小学館のドラゼミ幼児コースは、年中と年長ごとにドラえもんがいっぱい付いている楽しい教材が毎月届けられる家庭学習教材です。
また、特別教材として年四回、子供が楽しんで学べるようなCDや絵本、パズルや時計などが届きます。
ドラゼミの特徴は、なんといっても、子供が大好きなドラえもんからのコメントが入っている通信添削制度があることです。
一年間、専任の個別担任者がドラえもんとなって添削し、また、ドラえもんから手紙が来ることによって子供のやる気も促され、継続して添削問題に取り組むことができます。
小学校に入学するまでに、文字の運筆練習から言葉の力、数の学習までしっかりと学ぶことを目的としています。
以下は、使ってみた方の口コミです。
・ドラゼミはムダな付録がないために、与えられた教材に対して子供が集中して取り組むことができるので良かったです。
内容は、難し過ぎず簡単過ぎずといった感じでちょうど良く、子供も諦めないでやり通すことができ、簡単な足し算や引き算ぐらいだったらできるようになりました。
ただ、もっと高度な学習を望んでいるような場合には、合わない教材だと思います。
・小学校に入学する前の、文字の練習や算数の予習にちょうど良いのではないでしょうか。
小学館の今までのノウハウが詰め込まれている教材ということで、安心して学習を続けることができます。
添削アドバイスも、現時点での子供の理解度を確認することができるので、とても役に立っています。

【幼児教材】学研の夢くらぶNetworkの特徴、口コミ

東大の合格実績でも高い評価のあるZ会の幼児向け教材は、年中コースと年長コースがあり、体験型学習教材や自習用ワーク教材、提出用課題、保護者用解説書などが毎月届けられる家庭学習教材です。
Z会の幼児向け教材の特徴は、将来の学力の基盤を築くことを目的としている点です。
通常の計算ドリルや文字の練習に留まらず、複数の条件をもとにして答えを出す問題や正解が一つだけとは限らない問題も加え、幼児期から「かんがえるちから」を養っていきます。
また、Z会が重視している「ことば」「かず・かたち・ろんり」「しぜん」「せいかつ・けんこう」「ひょうげん・あそび」という五つの領域を、親子で実験、料理、工作などをすることによって、バランス良く生活の中に取り入れるようにしてあります。
「なかま」や「どうぐ」など、毎月一つのメインテーマを掲げ、そのテーマに対して、様々な角度から取り組むことによって知識や経験の幅も広がり、将来にわたって基礎学力を付けることにも繋がって行くのです。
以下は、使ってみた方の口コミです。
・高校や大学受験で定評のあるZ会らしく、決してドリル的な教材ではなく、子供の頭で考えさせる問題になっています。
飽きっぽい子供やまだ文字や数に対しての基礎ができていないような子供には、ちょっと難しいかもしれません。
・子供は楽しんで課題に取り組んでいますが、これが本当に子供の学力の基礎になるのかハッキリするのは、まだまだ先のことだと思います。

【幼児教材】七田式はっぴぃタイムの特徴、口コミ

幼児教材を購入しようと思っても、本当にそれが自分の子供に合った教材なのか迷ってしまうこともありますよね。
それでは、どうすればその幼児教材が自分の子供に合っていると判断することができるのでしょう。
まず、あなたがその教材を購入する目的を考えてみてください。
現在では、知力向上以外にも、しつけや友達との付き合い方など、日常生活におけるルールを教えるような教材も出てきています。
幼児教材を通して、子供に一体何を学んで欲しいのか、どういった方向に進んで欲しいのか、ということを常に頭の中に入れておくようにします。
親の目的がはっきりとしていれば、自然に子供も同じ方向に付いてきてくれるものです。
そして、これはどのような子供にもいえることなのですが、幼児教材を選ぶ際には「継続して続けていけるか?」が大切です。
内容が単調であるとか、子供の興味を惹くようなアニメや音楽、ゲームのような要素が入っていなければ、子供はすぐに飽きてしまいます。
それでは、教材を購入した意味がありませんよね。
毎日少しずつでもいいので、楽しんで続けていけるような内容や量である教材を選ぶと良いでしょう。
まだ幼い子供は、自分で教材を選ぶことができません。
そのためにも、親が検討している教材のサンプルを取り寄せ、実際に子供に体験させることがとても重要となってきます。
その際には、子供の様子をじっくりと観察し、もし、喜んで体験しているようであれば購入を検討しても良いのではないでしょうか。

【幼児教材】小学館「アンパンマンとはじめよう」シリーズの特徴、口コミ

小学校からの英語の授業も始まって、幼児の間に英語も習わせた方がいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
それでは、幼児の間に英語も習わせた方が良いのかどうか、考えてみましょう。
まず、英語についての早期教育は昔から議論されていますが、実は、現在でも賛否両論があり、正解はありません。
ただ一ついえることは、幼児期の早い段階から楽しみながら英語に親しむことによって、成長しても英語に対する拒否反応を示すことが少なくなります。
また、言語習得能力が高いといわれているこの幼児期から耳に英語を慣れさせることによって、英語の発音も習得しやすくなり、英語を聞き取る能力も養うことができるでしょう。
ただ、幼児期には、まず母国語である正しい日本語を身につけさせることが優先だという考え方もあります。
正しい日本語の表現もできないうちから、英語を勉強させる必要はないということです。
また、子供は吸収するのも早いのですが、忘れるのも早いので、いくら幼児期に英語を習わせても成長するにつれて忘れてしまうといった意見もあります。
でも、子供の脳は引き出しのようなもので、習ったことを忘れてしまっていると思っても、何かの拍子にその引き出しの中から英語の記憶が甦ってくる場合もあるそうです。
もし、幼児期に英語に親しめるチャンスがあるのでしたら、将来英語に対してストレスや恐怖心を持たせないためにもそのチャンスを生かしてあげるようにしてみてはいかがでしょうか。

【幼児教材】小学館ドラゼミの幼児コースの特徴、口コミ

子供が成長するに従って、「このまま何も習わせないでいいのか?」、「周りと同じように何か始めた方がいいのかも?」と迷うことも当然あるでしょう。
それでは、子供に何か始めさせる場合には、幼児教材を利用して自宅で学習させた方が良いのでしょうか。
それとも、直接幼児教室へ通わせた方が良いのでしょうか。
どちらにしても、それぞれの家庭の都合もあり、その子供の性格もありますから、一概に「こちらがいいでしょう」とはいえません。
しかし、双方にメリット、デメリットは存在しています。
例えば、幼児教材を利用して自宅で学習する場合。
教材が手元に全てあるので、親子とも自由な時間に学習することができます。
教室まで通う手間もないので、共働きの家庭ですとか、家の近くに目的に合った幼児教室がない場合に都合が良いでしょう。
ただ、好きな時間に取り組むことができるために、その分、親がしっかりとスケジュールを管理する必要があります。
課題の提出などがズルズルと先延ばしになってしまう危険性もあるでしょう。
次に、幼児教室に行く場合。
周りのお友達に刺激されて、自ずと子供同士で競争意識も芽生え、成長が期待できます。
専門の先生が導いてくれるので、安心して子供を任せることができますね。
ただ、落ち着きのない子供の場合、周りを巻き込み、授業に集中できなくなったり、反対にクラスにそういう子供がいて授業が進まなくなったりする可能性もあります。
現在では、幼児教室に引けを取らない幼児教材も出てきていますので、一度比較してみると良いでしょう。

【幼児教材】幼児向けZ会教材の特徴、口コミ

幼児教材の種類といっても、巷には溢れんばかりの教材が氾濫していて、一体どれを選んでいいのか迷ってしまう方も多いことでしょう。
ここでは、幼児教材の種類にはどんなものがあるのか、ちょっと整理してみますね。
まず、教材の内容によっておおまかに分類してみます。
・知育系
幼児期は、目で見て、耳で聞いて、手や体を使って、実際に体験して確かめることが大切です。
このような「五感」を使うことで、多くのことを身に付けて行く時期でもあります。
そのため、知育系の教材は、子供の好奇心をどんどん引き出してあげることを目的としています。
また、社会のルールや生活習慣といった日常生活には欠かせない事柄を学ばせる教材も多いようです。
・語学系
英語学習に代表されるような小さな頃から母国語とは異なる言葉に慣れ親しませることを目的としている教材です。
外国語ではなく、日本語の読み書きや読解力をつける教材もあり、こちらは小さい頃から本を読んだり、内容を理解させたりすることを目的としています。
・脳力開発系
幼児期は、脳が作られていく大切な時期でもあります。
この時期に、ドッツカードやフラッシュカード、積み木などを用いて知的な刺激を与え、潜在能力を高めることを目的としている教材です。
幼児教材は、主に、以下の三つの販売形式をとっていることがほとんどです。
・セット教材
教材内容一式が、全て一括で納品されるようになっています。
・単品教材
単品で効果が期待できるDVDや絵本、CDなどが挙げられます。
・通信講座
教材が毎月ごとに送られてきます。
毎月新しい教材が届くのが楽しみで、子供が飽きないといった利点があるようです。
予算やお子さんの性格などに合わせて販売形式を選ぶことも、とても大切でしょう。